忍者ブログ
全塗装センター ペイントハウスジャンクのちょっと節操無しな、モノ創り的車遊び。
[12] [11] [10] [9] [7] [8] [6] [5] [4] [3] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

よくお客様から、梅雨時に塗装しても大丈夫なんですか?とか塗装に適した季節はいつですか?なんて質問を受けますが、うちは温風ブースがありますからいつでも大丈夫ですよ、と答えています。

0616blog001.jpg


季節的なもので一番良くないのは確かに梅雨時でしょうか、湿度が高く気温が低めのときに、蒸発の早めのシンナーを選択すると、シンナーが蒸発するときに結露して,いわゆる”カブリ”と言う現象が起きます。これはひどくなければ少し熱をかけてやれば解決してしまいますから、温風ブースを持っているところでは問題になりません。うまく塗ればこんな感じでうっとりしてしまうぐらいきれいに塗れます。

0616blog002.jpg


あと強いて言うなら夏から秋にかけて虫が発生する時期、実はこれが一番厄介かも(笑)特に白い車を塗ると,溶剤分にも惹かれるのか、虫が寄ってきます。塗装中に塗りこんでしまうことはあまり無いのですが塗装が終わってから知らない間に虫が張り付いている(泣)これが意外と深くめり込んでしまうことが多く、いくら磨いても足が残ってしまうことが多い。それも白っぽい色のときが多いから目立つんだ、これが・・・

今はブースの壁面にぬる塗料ですぐに乾燥せずにねちねちしている塗料があるので、ブース全面ハエ取り紙状態(笑)これでかなり改善されました。今年になってからまだ一度も無いです。

あとは塗装の不具合ではないのですが、季節の変わり目。シンナーの選択を間違いやすいのできれいな肌が出なかったり、たれてしまったり。これは塗り始めてから調節しますがそれでも感覚的なものと実際の気温に差があると失敗しやすいですね。

それと真夏、暑い時はブースの中は40度を越えるときが良くあります。こうなると汗が滴り落ちる、塗装しているところに・・・

冬は冬で、静電気の問題があります。静電気が発生するとほこりがつきやすい、ぼかし塗装をするときに静電気に沿ってミストが走ってしまう、などの不具合が起き易い。

こー考えると塗りやすい時期のほうが少ないのかも知れません。

0616blog003.jpg
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
junky@全塗装センター
性別:
男性
自己紹介:
全塗装センター ペイントハウスジャンク代表をしています。クルマ・バイクを通してのモノ作りに関して日々思うことや趣味を通してのモノ作りまであらゆる視点で書きたいと思います。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
フリーエリア
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © 車で遊ぶ、車を遊ぶ。ジャンクのモノ創り的クルマ考 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]