忍者ブログ
全塗装センター ペイントハウスジャンクのちょっと節操無しな、モノ創り的車遊び。
[1] [2] [3] [4] [5]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日引き受けた仕事がFAZERのアンダーカウルの塗装

色がダルパープリッシュブルーメタリックです。

DUPONのデーターを探しましたが有りません、こんな時頼りになるのがバイクペイント.コム、、、

やっぱりないよ。

お客さんがDAYTONAのMCペインターなら有りましたよ、と。

うーん、どうやらキャンディーだし、アンダーカウルだし、それで塗ってみるか!

ということで、今回は缶スプ入れーの巻。

お客様が用意してくれた缶スプレー



よくよく見ると



テクニックレベルはプロ!となっているではないか。

缶スプレーのプロって居るのか?でもきっとこれは手強い。昔トヨタが簡易補修をやったときに缶スプレーで塗装をさせられましたが、缶スプレーはあまり経験が無いので、ちょっと気合を入れていかないといけません。

ますは足付けです、アシレックスレモンで。ココらへんは普段と同じです。



サフェーサー(シルバー)というのがあるのでこれを塗ることに。別に通常のサフェーサーを使っても良いと思うのですが、折角あるし、下地は悪くないので。

まずはバラ吹きからです。



そして薄く塗り重ねます、一気に塗ると、缶スプレーはたれやすい上になかなかシンナーが抜けない。
なので熱をかけながら塗ります。



完全に艶が引いて触っても問題ないぐらいになったら次工程へ行きます。自然乾燥でやると結構時間がかかります。焦って塗り重ねると中のシンナーが抜けないので後々トラブルになります。自然乾燥ならより薄く塗り重ねる必要がありますね。特にキャンデーで工程が多いですから。

とりあえず今日はここまで、続きは次回のお楽しみ。

PR
こんなイメージで、というBMW R1200RSのお客様



こりゃかっこいいね、おじさん世代はしびれます

しかし形が違うバイクにイメージを再現するのって意外と難しい

色々検討した結果こんな感じで



お客様のこだわりでこんなロゴもね



最近いろんなお客様と話していると、もっと日本の車趣味も文化にならないと生まれてくる車に夢も希望もない気がします。もちろん来gy用ですから利益を出すための選択だとは思いますが、次乗りたい車がなくてねぇ、という言葉はしょっちゅう聞きます。

このBMWのお客様はドイツによく行かれるそうです。向こうで明日は自分の誕生日だということを無効の友人に話したら、そうか、ならば明日は俺のうちに来い。

そう言われて何が出てくるのかと楽しみに行った所、その友人は今日は誕生日だから俺のポルシェに乗せてやる。といってドライブに連れていかれたそうな。

なんだか文化の違いを感じさせる話ですね。

あっと、完成の写真はこれね

イイネ!




 ”シートカウルを塗装してほしいんですけど・・・”

”はいはい、バイクは何ですか?”

”DUCATIで塗りわけもしたいので相談に乗ってほしいんですが・・・”

ちょっとはにかんだ感じの電話、それがK君とジャンクの付き合いの始まりでした。

相談に乗ってほしいといいつつももう彼の中ではほぼデザインは決まっていました。細かい打ち合わせをして出来上がったのがこれです。

1327.jpg




















いいセンスしていますね。ほかのパーツはまたお金をためてからにするということでした。

それからはK君忘れたころの日曜日などに仲間を連れてジャンクに遊びに来てくれます。

”あの、サイドカウルと、アッパーカウルを塗りたいんですが・・・”

”おっと、きましたね。もちろんOKですやりましょう、でデザインは?”

”こんな感じで塗りわけです、ここの境目はぼかしでお願いします・・・”

やはりデザインは決まっていました。詳細を打ち合わせて出来上がってみるとこんな感じ。

1331.jpg




















1330.jpg




















1329.jpg




















これまたなんかいい感じ、

”」組み付けたら見せてくださいねー”

”見せに来ました~”

1336.jpg





















1335.jpg




















1334.jpg




















1333.jpg




















1332.jpg




















かっちょええ!
 カワサキに乗る人はキミドリが好きです、カスタムもホンダに乗る人とは傾向が違うように思えます。

1316.jpg




















これはデザインはノーマルで色だけを変えました

1314.jpg




















こちらはいわゆるレプリカですね、黒のラインの暈しがきれいです(自画自賛)

こちらはジャンクに来る人で知らない人はいない、H部長のZZR1400一年半で3万キロ越えです、目指せ100,000キロ!

1315.jpg






















今日は私のキャリヤについて

20歳で整備専門学校を卒業して、トヨタ系ディーラーに就職、、、

て、そういうキャリヤではなくて0681.jpg





















こういうキャリヤ♪

二週間ほど前ジャンクツーリング部工場長T君がまずベースを作ってくれました

こんなの

0682.jpg




















これをベースにツーリングバックを載せるトレイを製作

0683.jpg




















おかげで先の箱根ツーリングは快適でした

0684.jpg





















そして冒頭の写真にあったカメラケースを取り付けたいと目論んでいましたが今日取り付けしました

0680.jpg




















前側はひっかけ

0678.jpg




















後はワンタッチ♪

鍵もついてる

0679.jpg




















すばらしい♪

箱に鍵があるのに、ベースとの締結に鍵がないのは誰も気付くまい、、、ふっふっふ
プロフィール
HN:
junky@全塗装センター
性別:
男性
自己紹介:
全塗装センター ペイントハウスジャンク代表をしています。クルマ・バイクを通してのモノ作りに関して日々思うことや趣味を通してのモノ作りまであらゆる視点で書きたいと思います。
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
フリーエリア
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © 車で遊ぶ、車を遊ぶ。ジャンクのモノ創り的クルマ考 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]